kkh2

転職支援

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークはITインフラと呼ばれるだけあって、「24時間365日、問題なく動いて当たり前」です。 何か障害があれば深夜に対応することもあり、労働時間が不規則になりがちという大変さがあります。 厳しくもあり、難易度はあるいが、未経験・文系でもやる気さえあれば!次のような「無料スクール」があります。
資格取得

ネットワークエンジニアの将来が不安?!

近年、ネットワークもインターネットでの遠隔機能などのクラウドサービスが進展しています。 それに伴い、従来のネットワークエンジニアが行うネットワーク設計や構築業務などは減少していると言われています。 そのような状況下でも、ネットワークエンジニアは将来性がある」と言っていいでしょう。
資格取得

ネットワークエンジニアの資格取得の難易度アップ

ネットワークエンジニアの資格のCCNAが2020年2月に試験概要が変更された影響で難易度が上昇しました。 でも、安心してください。合格率95%以上という方法があります。 早ければ2ヶ月後にはネットワークワンジニア(有資格者)として就職も可能です。
転職支援

ぬるま湯から 一歩前に!

あなたは今の職場に満足していますか? たまたま、新卒で入社した企業がブラックに近い職場であったとしても、「ぬるま湯」に慣れきっていませんか? 世の中が、デジタル化、オンライン化・・・がどんどん進展し、企業側が教育費を負担してでも人材を育成したい時期なのです。 この絶好の機会を逃すと、一生後悔することになりますよ!
転職支援

就職に関する負の連鎖を断ち切る!

次に示す、「失業率の状況」、「雇用形態」、「コロナで失職状況」等々で苦しい、厳しい就職事情などの負の連鎖を断ち切りませんか? 求人状況も依然として、厳しい状況ではありますが、「狙い目」の職種があります。 それが「IT業界」です。IT技術者は引く手あまたの状況です。
転職支援

デジタル社会はさらに進展する

国も地方自治体もデジタル化を推進すれば、当然人材不足が生じるのは明らかです。 現在、不安定なお仕事につかれておられるなら、今からでもIT分野の技術習得して、固く安定した職業を選びませんか? 独学でチャレンジすることの可能ですが、やはり教育を受けることが早道です。 次のサイトは教育・転職を同時にサポートしてくれます。
資格取得

最短でネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアになるには「CCNA」の資格取得が必要です。 ネットワークエンジニアとしての実践的な理解を求められ、資格取得に苦労する方が大半です。 そこでおすすめな方法が「無料スクール」です。 2ヶ月のカリキュラムでCCNAの合格率は95%以上というスクールがあります。
卒業生の声

直近のNVA卒業生10人に聞きました

10名の分析結果では、講義の満足度では満足80%、やや満足20%、、転職フォローの満足度では満足70%、やや満足30%でした。 経験職種では経験者はゼロ、ほとんどがまちまちの職種でした。 活動期間は1ヶ月未満3名、2ヶ月4名、3ヶ月2名で平均2か月に内定を得ています。